ホーム > まち > アイデアを形に変える!弘前市が生み出した快適の上を行くサテライトオフィス

ブログ

2017.06.23

まち

アイデアを形に変える!弘前市が生み出した快適の上を行くサテライトオフィス

青森県弘前市が総務省からの委託を受け、新事業に乗り出した。多面にわたる働き方を実現するお試しサテライトオフィスの設置である。

弘前市といえばりんごや桜、弘前城が有名な城下町であり、モダンな建物や商店が立ち並ぶ街並みは、おしゃれでどこか懐かしい風情も感じさせる。

大学発ビジネスの新しい働き方                    

弘前大学は約7,000人の学生が勉学に励む、県内唯一の国立大学である。その弘前大学の敷地内に、弘前大学創立60周年を記念し設立された複合ビル施設『コラボ弘大』があり、3月からお試しサテライトオフィスを開設することとなった。

お試しサテライトオフィスでは、共有オフィス環境で打ち合わせや会議などを行うことができる。利用者には『コラボ弘大』のカードキーとオフィスのルームキーが貸し出され、セキュリティ面も整う。施設は24時間利用可能でインターネット環境やプロジェクター、WEB会議対応のPCなど、設備が充実している点も嬉しい。

弘前駅から徒歩20分とアクセスも良い。大学構内にコワーキングスペースを開設することで学生や異業種間での交流が生まれ、刺激を受けながらビジネスに取り組むことが期待できる。

引用元:http://www.city.hirosaki.aomori.jp/sangyo/sangyo/2017-0301-1456-40.html

理想的なサテライトオフィスが誕生

さらにもう一か所、27ヘクタールという広大な自然の中にある『星と森のロマントピア』にもサテライトオフィスができた。敷地内にある森のコテージ『満天ハウス』をホームオフィスとして利用することができる。『星と森のロマントピア』は弘前市街地から車で15分とアクセスも良い。世界自然遺産の白神山地へも車で約40分。心と体のリフレッシュにぜひ訪れたい場所だ。

引用元:http://www.romantopia.net/accomondations.html

『星と森のロマントピア』という名前の通り、山々と草木に囲まれた自然豊かな環境で1年を通してアクティビティが多数用意されている点も嬉しい。朝は鳥のさえずりで目を覚まし、森を散策して自然のパワーを充電できる。夜には空を埋めるほどの星を見て、異空間へ迷い込んだような幻想的なひと時を過ごす。まさに「好きな場所で仕事をする」が実現できる場所だ。

『星と森のロマントピア』はオフィスとしての利便性に優れ、快適な住環境を実現している。素晴らしいビジネスを生む場所になることだろう。

引用元:http://www.romantopia.net/accomondations/cottage.html

「お試し勤務」は、『コラボ弘大』『星と森のロマントピア』ともにオフィス使用料、通信料、光熱費、旅費(飛行機、新幹線の往復分)が無料で8月31日(木)まで利用できる。この機会に利用を検討されてみてはいかがだろうか。

まちカテゴリーの記事一覧