ホーム > まち > 意外と近い!青森県弘前市

ブログ

2017.06.28

まち

意外と近い!青森県弘前市

東京から弘前まで日帰りできる!飛行機の利用でアクセス抜群

引用元:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=access01

本州最北端に位置する青森県だが、首都圏からのアクセスは意外にも良い。空路を利用すると、羽田空港から青森空港までは1時間15~20分。定期便が一日6往復運航されている。また、青森空港から弘前バスターミナルまでは、青森空港線バスでおよそ55分。飛行機と連結しており、離着陸に合わせて運行されているので、乗り継ぎの心配もいらない。飛行機とバスのみで羽田空港から弘前市までアクセスできる。

引用元:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=access01

例えば、朝7:40に羽田空港を飛び立つと、8:55には青森空港に到着できる。羽田で買った朝食を機内でとると間もなく着陸、という時間であろう。東京行きの最終便は青森空港発20:25。夕方まで弘前で仕事をし、バスターミナルを18:10発の空港行きバスに乗る。青森空港で夕食をとり最終便に乗ると、21:45には羽田空港着という近さだ。東京との日帰りは十分に可能であり、二拠点での就業というワークスタイルにも無理のない距離と言えよう。

東北新幹線の利用で移動時間も有効活用

では陸路ではどうか。2010年に東北新幹線が新青森駅まで延伸されたことで、首都圏から青森県までは鉄道でのアクセスも格段に良くなった。現在では最短2時間59分で東京と新青森を結んでいる。新幹線で過ごす3時間ほどの時間は、第3のオフィスとして仕事をするにも、食事や休息の時間としてのんびりくつろぐにも過不足のない時間だ。そして車窓から眺める東北の田園風景が、身も心も癒やしてくれるに違いない。新幹線を降り、新青森駅からはJR奥羽本線を利用すると、およそ25分~40分で弘前駅に到着する。

引用元:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=access01

弘前市が「最北端の青森にある遠い街」ではなく、「東京と行き来できる街」であることがお分かりいただけたと思う。実際の距離の遠近は、必ずしもアクセスのしやすさと同じではない。首都圏との行き来が容易であるなら、「弘前ぐらし」はこの上ない贅沢と言えるだろう。

引用元:http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/details.html?id=API00100000245

まちカテゴリーの記事一覧